ウーマン

豊胸でふっくらした胸に|まな板から胸が出来上がるまで

手軽な方法

胸元

女性のシンボルである胸は、大きいだけで魅力的に映るものです。胸元が空いたファッションをセクシーに着こなすことができますし、女性としてのフェロモンが増すでしょう。整形でもそのような胸を目指せますが、一番人気はヒアルロン酸を使った豊胸施術になります。理由は、他の施術よりも簡単に胸を大きくできることでしょうか。メイク感覚で鼻や二重を作るのと同じように豊胸も、注射一本で時間をかけずに行なうことができます。そのような意味では整形が初めてだという人にも最適だといえます。通常、身体をいじる時はダウンタイムを気にしてスケジュール調整するのが一般的です。仕事も休まざるを得なくなるでしょう。それを避けるのであれば、ダウンタイムの少ないヒアルロン酸で豊胸をするのが一般的です。使用される針が極細なので、傷口は一切見当たりません。腫れる傾向にあるものの、時間の経過と共に収まるので一か月もすれば元通りでしょう。負担が少ないので、翌日からデスクワークが可能です。また、筋肉痛のような痛みが生じますが寝込むほどではないでしょう。とはいえ、施術の時に使用される針の太さは美容外科で異なり、場合によって太くなるケースもありますがこの時もほとんど傷が残らないので気にする必要は全くありません。稀にニキビ跡のように残る人もいますが、時間が経過すればほとんど見えなくなります。

ヒアルロン酸を使えばどんな胸もサイズアップが見込めますが、デメリットもあります。一つ目は永久的ではないということです。ヒアルロン酸は次第に体内へ吸収されるので元の大きさに戻ることがあります。効果を持続させるためには、小さくなったと感じた時に再度豊胸施術を受ける必要があるでしょう。また、豊胸の上限が1カップ程度になるため大きくしたい場合は不向きかもしれません。触った感じがやや硬くなるため、触れたほうも違和感があります。特に胸の厚みがない時はヒアルロン酸を沢山注入すると硬さを直に感じますが、逆に厚みがある人だと柔らかいままです。